「易経」全巻詳解講座 ―第一卦「乾卦」  第二回・第三回のご案内

第一回日程:平成28年11月22日(火)
        18:30〜20:30

第一回場所:広島市西区民文化センター 3F 美術工芸室
        (広島市広島市西区横川新町6番1号)


第二回日程:平成28年12月 6日(火)
        18:30〜20:30

第二回場所:まちづくり市民交流プラザ 2F 会議室B
        広島市中区袋町6番36号

 「易経」全巻詳解講座シリーズは10月25日に第一回目を行いました。
 第一回目の内容は「易経」の読み方、勉強する方法など受講者の皆さまに紹介いたしました。これから、二回に渡って、「乾卦」の「篆伝(デンデン)」、「象伝(ショウデン)」と「文言伝(ブンゲンデン)」を皆様に紹介いたします。

 「篆伝」、「象伝」「文言伝」はいずれも孔子と弟子達は「易経」を勉強した収穫であり、今でも「易経」を勉強する際の最高の参考書です。この三つの内容を理解しておけば、これからの「易経」の勉強だけではなく、「論語」、「中庸」などの儒教の経典を勉強するとき、虎に翼を付けるようになります。
 講師は、中国揺鞭派風水の第七代目の秘伝弟子の易海陽光(イカイ ヨウコウ)。
 現在、「易経」学を広島で伝えながら、風水鑑定や梅花占い、四柱推命などによる開運改運を行います。
 これからの日程は下記のとおりです。


 ○ 第二回内容:
      1. 「乾卦」――「篆伝」、「象伝」の内容を解析
      2. 「乾卦」で孔子様の「論語・為政編」の「子曰。吾十五而志于学、三十而立、四十而不惑。
        五十而知天命、六十而耳順。七十而従心所欲、不踰矩」の意味を詳細解析
        日 付:11月22日(火)  18:30〜20:30
        場 所:広島市西区民文化センター  3F 美術工芸室
             広島市広島市西区横川新町6番1号
        受講料:5000円
     ○ 第三回内容:
        1. 「卦卦」――「文言伝」の内容を解析
        2. 「論語・為政編」の「子曰。爲政以徳。譬如北辰居其所。而衆星共之。」を解析。
          「北辰」は何の意味なのか、易経風水との関係
          日 付:12月6日(火)  18:30〜20:30
          場 所:まちづくり市民交流プラザ 2F 会議室B
               広島市中区袋町6番36号
          受講料:5000円


      ■ 参加ご希望の場合は、易海陽光までご連絡ください。