現代風水研究会 > 奇門遁甲法

奇門遁甲

月の挨星盤(2016年1月~3月)はこちら
【奇門遁甲とは】
 奇門遁甲の語源とは、奇門は奇妙な門という意味と、三奇(丙、丁、乙)からきているという説があります。また、遁甲は甲が遁れるという意味があります。甲は尊い存在(王様)であって、庚(敵)から遁れる必要があり、戊に姿を変えています。また、庚を恐れないのは丙と丁(火剋金の関係)。乙は庚と干合するので、庚を恐れることはない。よって、盤面には甲は無く、九干が飛んでいます。
 しかし、奇門遁甲は兵法がそのおこりで、諸葛孔明が駆使したと言います。しかしながら奇門遁甲の兵法も具体的な陣立ては記録が残っていません。先年公開されたジョン・ウー監督のレッドクリフに八陣のシーンがありましたが、感心して見ていました。
奇門遁甲には兵法としての法奇門と占いの術奇門があると言われます。この法奇門は近代になって時代遅れの兵法となってしまいもはや使う人はおろか研究する人も皆無でありましょう。よって、現在の奇門遁甲はもっぱら占いとしての活用が一般的といえましょう。

【奇門遁甲に関係する著名人】
黄帝
 伝説上の古代中国皇帝。文字や暦、指南車、貨幣などを初めて作ったといわれています。彼の部族は黄河流域で最大となり、大いに繁栄しました。あるとき黄帝は中国東方に勢力を張る部族の首領である蚩尤(しゆう)と戦うこととなったのです。蚩尤は変化自在の術を使い、黄帝が軍を進めようとすると霧を発生させて、将兵を混乱に陥れました。黄帝は困り果て、戦勝を天に祈りました。そうすると、祈りが通じて霊夢を見るのです。夢の中で九天玄女が現れ、奇門遁甲の秘法を授けたと伝えられています。黄帝はこれを元にして、部下の風后に命じ指南車(南を指す針が付いた車)を作らせ、方位を選んで決戦に臨みました。これで霧が発生しても蚩尤の軍を的確に捉え、散々に打ち負かしたと言われています。これが奇門遁甲のおこりです。黄帝が亡くなる時は龍の背に乗り昇天したと伝えられています。
黄帝
大公望呂尚
 本名は姜尚。伝説によると70歳頃まで霊山で仙道の修行をしていたようです。師匠の命で山を降りて周の国へ向かうのです。渭水の岸で毎日、釣をしていましたが、ある時、巨大な魚を釣り上げました。その腹の中から出てきたのが兵法の書、一説によると奇門遁甲の書だったのです。それから文王との劇的な出会いへとつながっていきます。釣をしていた大公望を見つけた文王はこの人こそ祖父 大公が久しく待ち望んでいた周を助ける聖人だと言って都へ招いたことから大公望と呼ばれました。文王へ仕えた大公望は軍師として周辺国を平定していき国力を増大させます。しばらくして文王が亡くなったため、その子である武王を立てて殷の暴君 紂王と戦い、ついには王朝を滅亡させます。大公望が記したと言われる有名な兵法書に六韜(りくとう)三略があります。
大公望呂尚
張良
 字は子房。紀元前180年頃の人。若かりし頃、秦の始皇帝を暗殺しようとして失敗します。追っ手から逃れて隠れ棲んでいた頃、橋のたもとで不思議な老人に出会いました。老人は履いていた靴を川に投げ込み、張良に取りに行かせます。誠実な姿勢にうたれた老人は黄石公と名乗り大公望の兵法書を授けるのです。これこそが奇門遁甲の書とも言われています。黄石公の正体は黄色い石と伝わりますが、恐らくは仙人と思われます。その後、始皇帝は亡くなり各地で反乱が起きてきます。このような中で劉邦に出会い軍師として仕えます。張良はすぐれた作戦を次から次へと打ち出し、秦の軍を打ち破ります。ついには劉邦と項羽の決戦に勝利して劉邦は国内を統一し漢の皇帝となったのです。体制が落ち着くと張良は病気と称し、家に閉こもるようになりました。その頃から導引術(気功の原型)の研究を行ない、穀物を断って神仙になろうとしたと伝えられています。
張良
諸葛孔明
 本名は諸葛 亮。字を孔明といいます。三国時代、蜀の皇帝、劉備に仕えた諸葛孔明(200年頃の人)は名軍師であり奇門遁甲の達人でした。
赤壁の戦いにおいて、七星壇を築き、方術を使い、その季節では吹くはずの無い、東南の風を吹かせたことにより魏の水軍を火攻めにし、呉と蜀の連合軍は大勝利を収めました。これも奇門遁甲の術と言われます。
 三国志演義の「八門金鎖の陣」には、生門、景門、開門から敵軍を攻撃すれば自軍に利あるが、傷門、驚門、休門より入れば自軍が傷つき、杜門と死門から入れば生きて出られなくなると書かれてあります。兵法における八門がどう使われたのかが想像できます。
唐代の有名な詩人 杜甫の詩に次のようなものがあります。
「功は蓋(おお)う三分の国。名は成す八陣の図。江流るるも石転ぜず。遺恨なり、呉を呑むことを失す」

諸葛孔明の功績は偉大だった。八陣の図で名声を上げた。河が流れてもその河原にあった八陣の石組みは形を残している。呉の国を併呑できなかったことは遺恨であるという意味。
 

諸葛武候(孔明)著「活盤奇門遁甲」には八神、九天星、八門、九星などが記載されています。これまで伝わった奇門遁甲を整理して完成させたと言われ、兵法としての奇門遁甲のみならず、占術としての奇門遁甲を大成した人物です。
諸葛孔明

奇門遁甲統宗 諸葛武候(孔明)著の抜粋
劉伯温
 14世紀の明代初めに活躍した軍師です。本名は劉基。字を伯温といいます。諸葛孔明の再来と言われるほど博識の人であったようです。元朝の末期には群雄割拠し、軍閥同士での戦いが激しさを増してきました。後に明の初代皇帝となった朱元璋はこの機をとらえて名士として有名であった劉伯温ら4人を召抱えました。伯温は戦略に優れ、朱元璋からは、「わが子房よ」と呼ばれたほどです。彼の功績もあって元軍を一掃してモンゴル平原に追いやり明王朝が成立したのです。その後引退し、故郷へ帰った伯温は名利を捨てて読書や著述に励むようになります。このときに命理関係の著書として有名な、四柱推命の原典の一つ、滴天随の原註や兵法書として有名な百戦奇略を残したと伝わっています。なお奇門遁甲についても原書の一つである奇門遁甲秘大全は劉伯温の校訂となっています。中国においては諸葛孔明と共に著名な軍師です。
劉伯温

【劉氏奇門遁甲】
 劉伯温の22代目の直系子孫である、劉広斌老師が劉氏奇門遁甲として先祖より伝えるものです。白鶴易人先生は劉広斌老師の弟子として第23代目の研究者に認められました。
劉氏奇門遁甲の特徴としては、八神、九星(九天星)、八門、九干を使うことです。
台湾の奇門遁甲では、八神の内、5番目は勾陳、6番目は朱雀が多く使われるようです。
また、4つの項目の効果としての割合は八神にウエイトが置かれています。
 
【奇門遁甲の用途】
 日本では方位について吉凶を判じますが、中国では風水や雑占、択日法として使うこと少なくありません。そして、年盤、月盤、日盤、時盤のうち、時盤が最も重要視されます。事例を紹介するため、白鶴易人先生の著書「劉氏奇門遁甲直解」から引用します。 中華人民共和国が天安門で開国を宣言した日時は1949年10月1日15時30分です。 干支は年 己丑 月 癸酉 日 甲子 時 壬申 陰遁六局 旬首 戊 下のような盤ができます。建国のことは乾宮で見ますが、これを単宮判断と言います。
   直符は大吉祥。高潔な人物。リーダー。 天任は祭祀、求官、商売、結婚に吉。 休門は求官、求財、貴人を見る。 丙戊は飛鳥跌穴 百事の願いが成就 このように全ての項目で吉となっています。このようなことはめったに無いでしょう。
 注意したいのが、日本の暦(この暦は気学で使われているものです)と中国の暦が異なることです。特に陽遁と陰遁の変わり目が異なっているので注意が必要です。調べると香港の暦と台湾の暦も違いがあります。日盤の一部と時盤が異なるので注意。
 もう一つは、中国の奇門遁甲で八神の中の、白虎と玄武は台湾では勾陳と朱雀になります。どうしてこうなったのかは分りません



【日本独自の奇門遁甲 挨星法】
挨星法とは
 日本で考案された奇門遁甲といえるものが、「挨星法」です。中国や台湾の本に類例を見ないものです。挨星法を考案したといわれる人が内藤文穏氏。別に高島正龍氏も挨星法を紹介した著書があります。「応用気学 八陣の秘法」「気学用神論」(高島正龍 北原白龍子共著) 私の易学における師は広島在住の近江一成師です。この方は福岡市で北原白龍子の門下となり、九州、中国、関東で易と気学、家相の鑑定活動をされていたと聞きます。高島正龍氏が福岡に来られたときに挨星法を学んだそうです。私の元にあるのは、本とは別に「奇門遁甲 挨星盤」というA4の資料。本には挨星卦しか表示していませんが、資料の方には八門が加えられています。

盤の内容
 玄空飛星派風水の宅盤のように2つの九星を重ねて吉凶を判断します。玄空と異なるのは、挨星法は天盤と地盤の位置づけです。まず、地盤はわが国で使われている九星気学暦の年・月・日・時九星で、中宮に入れ飛泊させます。次に天盤は当該時間の十二支方位に巡った九星を中宮の九星の上に置き、飛泊させます。そして、八方位ごとに天(上)に位置する九星を易の上卦とし、地(下)に位置する九星を下卦として、六十四卦に変換します。この象意は易卦と異なるものがあるため、挨星卦(あいせいか)と呼ばれています。



年盤は参考程度しか見ませんが2016年の挨星盤を掲げます。
丙申 二黒(2月4日~翌年2月3日)
 
 まず、北は中孚で和合に吉だが、傷門が重なり凶方位。東北は五黄があって易卦ができず。杜門と重なり大凶の方位。東は豊で豊年満作。景門と重なり大吉の方位。東南は坤で見通し不明。死門が重なり危ない。南は大壮で大盛運だが、驚門があって、予期せぬ出来事に出くわす。西南は五黄があって易卦が不成立。開門の効果なし。西は井で仕事運吉。収入は順調。休門は保養に良い。西北は噬嗑で大金運、大良縁を招くが、引っ越しは不可。生門は活力を呼ぶ。

月の挨星盤
引越しや2週間以上の長期出張する方位の吉凶を判断します。


2016年

1月 己丑 三碧(1月6日~2月3日)

 北の謙は移転に使うと金運がなくなる。東北の大有は休門と重なり大吉の方位。東の渙は悩みが散る。移転は大吉。良縁、財運アップの方位。西南は豊で豊年満作という意味あり。移転や治病に大吉。その他は良い方位なし。


2月  庚寅 二黒(2月4日~3月4日)

  2月は吉方位が西だけしかない。それにしても条件がつく。西の恒は恒常という意味。よって、移転により開運するという結果は期待しない方が良い。これまで良かった人は好調が継続するという意味にとらえる。南の需 は男性の縁づくりや勉学、受験のみ吉。しかし、結果が出るのが遅れ気味。



3月 辛卯 四一白(3月5日~4月3日)

 3月は吉方位がまったくなし。このような場合、日盤を使って移転するしかない。


日の方位表
 
現代風水研究会では方位取りでの活用を勧めています。 挨星卦の象意を目的別に選択して、良い気のある場所へ移動します。その場合、100km以上、あるいは2時間以上の移動が効果ありといわれています。


時間の方位表
 短時間(2時間以内)の移動の時に用いるものです。 該当する一刻(2時間)の九星を調べて先と同じように挨星卦を作ります。これを八門を組み合わせて総合的に判断します 。

【八門の象意】
 八門の移動は休門からスタートして時計回りに生門、傷門、杜門、景門、死門、驚門、開門となります。八門の中で吉方位は休門、生門、開門、次に景門です。一方、大凶方位は死門と杜門。凶方位は傷門と驚門です。死門へ向かうと死ぬことになるし、杜門へ向かうと門が閉まって脱出が不可能という兵法上の意味を持っています。 方位の効果として、凶門でも例外的に使うことがあります。八門の象意について一例を表示します。なお、定位盤は下図のとおりですが、紫白九星の頭文字どおり、紫(九紫)、白(一白・八白・六白)と重なっています。象意を比較するとおもしろいでしょう 。
【挨星法の用途】
(1)方位どり    
最も多く使われる用途としては方位どりです。運気を高めるために良い方位を選ん で旅行します。基本的には日盤を使って時間にすると2時間(1刻)以上の移動。天の気を体に直接浴びることから徒歩や自転車での移動がベストです。自動車や電車では100km以上移動するのが良いでしょう。目的地では2時間以上滞在して、良い気を浴びて帰ります。また、温泉に入ることや現地の名水を飲むこともよろしいです。

(2)移転    
いつ移転したら良いかを月盤で占います。月の吉方位を調べて移転する方位を決め ます。その月が移転する方位が凶方であった場合は吉方となる日を選んで移転します。 また2週間以上の長期出張は月盤を使います。

(3)択日法    
室内のベッドや水槽など風水の効果を高めるため配置や移動をするのに家屋の図面 を挨星盤で方位区分し、配置する場所が吉方位となる日時を選んで実行します。

(4)風水判断     
物件を見に行く場合、到着した時間の盤を作り、玄関や寝室、リビングなどの主 要な部分が吉方位に当たっているかどうかを判断します。



【事例紹介】
新婚夫婦の入居する物件選定です。玄関は酉(西)にあって8 8と九星が並び、財運大吉です。物件の到着時刻を確認して挨星盤を作りました。そうすると玄関側は中孚、開門という吉象意の組み合わせであることが分かりました。それで、この物件を契約したものです。また、入居日については移転先が吉方位となる日を選んだことは言うまでもありません。



現代風水研究会